津田沼歯科 つだぬまオリーブ歯科クリニックはJR津田沼駅より徒歩3分のイオン津田沼ショッピングセンター前にある歯科医院です。

医院ブログの最近のブログ記事

習志野市津田沼のつだぬまオリーブ歯科クリニックです。

前回に引き続き、歯ぐきからの出血についての
まとめです。

ご自宅でのケアである程度出血を減らすことが
できます。
お口のなかを衛生的に保ちつつ、歯科医院では
歯周病の治療を受けてください。
治療を並行して行わないと、歯周病の原因菌は
また増え、もとに戻ってしまいます。
治療では、ご自身では磨ききれない汚れの
クリーニングをし、細菌の住処になって
炎症の原因になる歯石の除去も行います。
歯石は歯ブラシでは取れないので、
専用の器具や機械を使い除去します。
また、効果的に落とせるように、ご自身に合った
磨き方もお話します。
定期的に検診を受けていただき、状態を維持して
いくことが大切です。

わからないところなどありましたら
当院でお気軽にお聞きください。
習志野市津田沼のつだぬまオリーブ歯科クリニックです。

前回に引き続き、今回はご自宅でのケアについて
お話します。

炎症があり出血してしまう歯ぐきは、傷つきやすくなって
いるので、やわらかめの歯ブラシで優しくマッサージする
ように歯と歯ぐきを磨きます。
硬い歯ブラシを使ったり、力を入れて磨いてしまうと、
歯ぐきは傷つき出血が増えてしまいます。
また、出血したからといって、磨かずにそっとしておいても
炎症の原因である細菌を減らせないので、
やさしく、丁寧なブラッシングが必要です。

歯ぐきからの出血がひどくなければ、デンタルフロスも
使ってください。
歯ぐきに強く当たらないように、歯ぐきから歯の頭、
先端に向かって歯に沿わせながら汚れを取ります。

歯ぐきからの出血についてのお話は
次回で最後となります。


習志野市津田沼のつだぬまオリーブ歯科です。

前回に引き続き、今回は歯周病が原因の
出血についてお話しします。

健康な歯ぐき、歯周ポケットには血液はありません。
歯の汚れ、歯周病の原因菌を含む、細菌のかたまりが
慢性的な炎症を引き起こし、この状態が続くと
歯周ポケットの中に潰瘍ができ、これが歯ぐきからの
出血となります。

おもな歯周病の原因菌は、栄養素として血液中の
ヘモグロビンからヘミン鉄を摂取します。
出血していない健康な歯周ポケットでは、栄養を得られず
菌は増えないので病原性は低いのですが、
出血している歯周ポケットでは、この血液を栄養にして
菌が増え、病原性が高くなり歯周病になります。

菌は、歯ぐきが炎症しているところを治そうとするのを
阻害するので、歯周病の出血はすぐに止められませんが、
早期に治療を始めれば、それだけ早く改善できます。

次回は、ご自宅でのケアについてご説明します。
習志野市津田沼のつだぬまオリーブ歯科クリニックです。

今回から、歯ぐきからの出血について
お話させていただきます。

日本人の成人の80%が歯周病です。
歯周病はご自身では気づきにくい病気ですが、
初期でもわかりやすい症状が歯ぐきからの出血です。
歯ぐきから出血する他の原因としては、

●歯磨きのとき、力を入れすぎて傷つけている
 歯ぐきが下がる原因にもなるので要注意です。
 100~200gのブラッシング圧が良いです。

●ホルモンバランスの変化
 妊娠、更年期障害、月経など

●全身疾患、また、その薬
 糖尿病、心臓病など多くの全身疾患の兆候として
 歯ぐきからの出血がみられる場合もあります。
 また、降圧剤などで出血を多く引き起こすこともあります。

●歯ぎしり
 歯ぎしりで歯が揺さぶられ、炎症を起こして歯ぐきから
 出血することがあります。
 マウスピースを作る必要があります。

●口呼吸
 口の中が乾燥し、歯ぐきの腫れ、出血の原因になります。

●喫煙
 血行が悪くなり、内側の歯ぐきは常に腫れて出血しやすくなります。

などが考えられます。

次回は、歯周病による出血について詳しくご説明します。


習志野市津田沼のつだぬまオリーブ歯科クリニックです。

前回ご紹介した洗口剤のコンクールの特長について
お話します。

【特長】
1、高い殺菌力
   お口の中での殺菌持続時間が長い成分
   (グルコン酸クロルヘキシジン)配合で、
   歯周病菌や虫歯菌などお口の細菌を
   殺菌、増殖を抑制し、歯周病や虫歯菌、
   口臭をしっかり防ぎます。

2、お口にやさしい
   マウスウォッシュ特有のピリピリした辛さが
   なく、マイルドな使い心地でお口への過剰な
   刺激がありません。

3、濃縮タイプ
   薄めて使うタイプなので、お口の症状に
   合わせて濃さを調節できます。

4、炎症抑制力
   消炎剤(グリチルリチン酸アンモニウム)が
   歯茎の不快な炎症を抑制します。

コンクールは当院でも販売しておりますので
ぜひお試しください。


習志野市津田沼のつだぬまオリーブ歯科クリニックです。

前回に引き続き、今回は洗口剤(マウスウォッシュ)の
お話です。

洗口剤 
●コンクール
 
 ブラッシング時や就寝前にブクブクうがいをするだけで
お口の中の歯周病菌やむし歯菌を殺菌し、洗い流すことが
できます。
毎日の簡単歯周病ケアとしてのご活用をおすすめします。

*歯周病やむし歯が気になる方や、インプラント治療、
矯正治療をしている方にもおすすめします。

【使い方】
 約25~50ml(コップの8分の1~4分の1くらい)の水に
コンクールを5~10滴たらしてかき混ぜて、
数回ブクブクしてから吐き出してください。

【効能・効果】
 むし歯の発生および進行の予防、歯周病の予防、
歯肉炎の予防、口臭の予防


次回はコンクールの特長についてご説明します。


習志野市津田沼のつだぬまオリーブ歯科クリニックです。

今回も歯の清掃用具のお話、歯間ブラシと
スーパーフロスについてご説明します。


●歯間ブラシ●
 歯ブラシでは届かない歯と歯の間の歯垢や
汚れを除去します。

【使い方】
 歯と歯の間の隙間の部分にゆっくり入れて
前後に数回動かしてください。
使った後は、水道でブラシの部分をよく洗って
乾燥させてください。

【注意】
 隙間にあったサイズは当院にて確認しますので
ご相談ください。


●スーパーフロス●
 ブリッジなど、補綴物の人工歯と歯ぐきの間の
隙間の清掃に使うと効果的です。
フロスの中央部分がスポンジのようにふくらんで
います。そのスポンジ部分を使って清掃します。

歯間ブラシ、スーパーフロスも使い方は当院にて
ご相談ください。


次回は洗口剤についてです。

習志野市津田沼のつだぬまオリーブ歯科クリニックです。

本年も引き続き、スタッフブログのほうも宜しくお願い申し上げます。

今回は清掃用具のお話、デンタルフロスについてです。

●デンタルフロス●
歯ブラシでは届かない歯と歯の間の歯垢や
食べかすを除去します。

【使いかた】
①フロスを約40㎝ほど(指先からひじまで)の長さに切ります。
②フロスの片側を中指に2~3回巻きます。
③さらに、両手の間隔が10~15㎝位になるよう、
 反対側の中指にも巻きつけます。
④両手の親指を人差し指でつまんでピンとはります。
⑤歯と歯の間に斜めにスライドさせながら、
 前後上下にゆっくり動かしきれいにします。
⑥ゆっくり引き抜き、次の歯へ移動します。
 次の歯をそうじするときは、使用した部分をずらして
 新しい部分で同じようにそうじします。

【注意】
・当院にて、使い方を指導させていただきますのでご相談ください。
・衛生上、毎回新しいものを使うようにしてください。
・糸が引っかかったり切れたりする場合は、むし歯の可能性も
 ありますので当院にご相談ください。
・歯ぐきに炎症がある場合は、出血することがあります。
 何かありましたらお気軽にご相談ください。


次回は、歯間ブラシについてご説明します。

習志野市津田沼のつだぬまオリーブ歯科クリニックです。

今回より数回にわたって、歯ブラシで磨くだけでは
除去しきれないところに、補助的に使っていただく
清掃用具についてお話しいたします。

デンタルフロスや歯間ブラシを使うことで
除去率が80%までアップします。

デンタルフロス、歯間ブラシ、洗口剤について
次回以降に詳しくご説明します。




習志野市津田沼のつだぬまオリーブ歯科クリニックです。

歯磨き粉について簡単に説明しましたが、予防として一番
大事なのは、毎日の歯磨きの積み重ねです。

どんなによい歯磨き粉を使っていても、磨き残しのある歯には
歯磨き粉の含まれる薬用成分が歯にいきわたらないので、
鏡を見ながら歯ブラシの毛先がしっかり当たっているか
確認しながら磨いてください。

当院でもブラッシングの指導をさせていただいてますので
お気軽にお越しください。

メディア掲載情報 世界的名医の歯周病治療

医療噴控除について

日本歯周病学会

アーカイブ